外反母趾!?何故か小指が痛い!!その原因と治し方

 

昔から外反母趾で悩んでいて親指は前から痛いけど

最近なぜだか小指も痛くなってきてるんだけどこれは何?

 

もう嫌!!

なんで親指だけじゃ無く小指まで痛いの?

 

小指が親指側に曲がっていってしまうこの症状「内反小指」と言います。

 

外反母趾だけでも親指がズキズキ痛いのに合わせて小指までもが痛くなってきたら正直たまらないですよね、、、

 

ではなぜこのようなことが起こり得るのか外反母趾内反小指には切っても切れないある共通点があるからです。

 

ではそれらの疑問が解決できるようこれから内反小指についてお話しして行きます。

 

●内反小指

内反小指とは小指が親指側に曲がっていってしまう症状のことで外反母趾が小指側に曲がっていくのとちょうど反対の動きをする症状と言えます。

 

ではこの内反小指一体何が原因で起きてしまうのでしょうか?

●原因

内反小指はさまざまな要因が重なって起きてしまうと言えますが多くの方は歩き方に問題があり、なってしまった方が多いと言えます。

 

ではどういった歩き方をすると内反小指になっていってしまうのでしょうか?

 

貴方は歩くときカカトからではなく足の指の付け根あたりから着いていませんか?

 

正しい歩行の仕方は

1 カカトから着く

2 足が全体的に着く

3 指以外地面から離れる(指だけ地面についている

4 指が離れる

おおまかにいえばこの4点が特に大切で細かいことはまだ色々とありますがこうやって歩くことによりしっかりと足が体重を分散し負担が外反母趾などの患部にかからないようになります。

 

また、内反小指になっている人は外反母趾になっている方も多くいます。

 

何故なら内反小指や外反母趾になっている人は足の形が変形することにより足が本来持っている体重を分散する能力が著しく低下してしまいその影響もあって外反母趾も引き起こしやすくなってしまうからです。

 

それ以外にも土踏まずが崩れてしまっている扁平足マメやタコができやすい開張足などにもなってしまいやすくさまざまな症状を引き落としてしまいます。

●症状

内反小指になることにより、歩くときに付け根の部分が擦れて赤くなったり、皮膚に硬い塊のようなものができたりし、痛みも出やすくなってしまいます。

 

また変形が進むことにより上手く身体のバランスが取りにくくなってしまい、そのため結果として肩や腰まで違和感やコリなどを作りやすくなってしまいます。

 

ではどうやったら防ぐことができるのでしょうか?

●予防法

一番手軽に出来る方法として今回は指の運動について話して行きます。

 

まずは裸足になって何秒かかけて足の指をゆっくりと開けるだけ開きます。

開いたら今度は力を抜き元の状態に戻ったらまた何回か繰り返します。

 

そうすることであしの指を開く筋肉を鍛えることが出来ると同時に指の動く範囲もだんだんと広げることができます。

 

どのようなタオルでもいいのでまずタオルを床に置きます。

次にそのタオルの上に裸足をのせますそのまま指を上手く使いタオルを自分の方に引き寄せます。

 

それを出来るだけ毎日数回繰り返すことで足指の感覚や筋力を鍛えることができまた体重を分散しやすい足を作りやすくなります。

どうでしょうか?

どちらの運動もとても簡単で今すぐにでもできそうですよね!

 

ただし、両方とも即効性があるものでは無く、ある程度の期間しっかりと続けることにより効果を出してくれます。

なので毎日とは言わないですが、できるだけしっかりと出来るといいですね。

●まとめ

今回は内反小指についてお話しして行きましたがどうだったでしょうか?

痛みは必要なものですが嫌なものでもあります。

 

親指が痛くても小指が痛くても嫌ですよね。

これがきっかけで少しでも症状が改善されればと思います。

 

もし、今回の対策をしても症状の改善がみられない場合少しでも不安を感じる場合は一人で抱え込まず早めにフットケアの専門家に相談してくださいね。

tel:0525264638

https://gaihanboshi-nagoya.com/test/contact/

名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院【名古屋外反母趾フットケア専門院】

ご予約・お問い合わせはコチラ

052-526-4638

052-526-4638
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10時〜20時  当院は完全予約制となります。
定休日
日曜・月曜・祝日

〒450-0002名古屋市中村区名駅3-3-4 児玉ビル2階        名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院