外反母趾は何科に通えばいいの?外反母趾を改善したい場合の他の選択肢は?

 

「歩くと痛みがでて、長い時間歩くのが苦痛」「ヒールのある靴をはくのが怖い」こんな悩みの原因は、外反母趾かもしれません。

 

外反母趾は放っておいても、改善されることはありません。

外反母趾かどうか知りたい」「外反母趾を治療したい

 

そんなときは、何科を受診すればいいのでしょうか。

 

また、病院以外に、外反母趾を改善する手立てはあるのでしょうか。

 

こちらで詳しく解説いたします。

 

●外反母趾は何科で受ければいいか分からない方が意外と多い?

外反母趾は、足の親指の先が人差し指の方向に曲がった状態になり、突き出たところが靴にあたって、痛みを生じます。

 

外反母趾になる一番の原因は、靴を履くこと。

 

幅の狭いつま先が細くなった靴をはくと、親指の先が圧迫されて、変形します。特にヒールの高い靴は、付け根にかかる力が増しますのでさらに負担が大きくなります

 

また、生まれつきの足の指の形も関係しているようです。

歩くと痛みがある。

 

足の親指がくの字に曲がっているような気がする。

そんな症状がある場合は、外反母趾かもしれません。

 

外反母趾は放っておくと症状が進行するので、早めの手当が肝心です。

 

では、外反母趾は、どこで治療をしたらいいのでしょうか。

あまり知られていませんが、外反母趾は、整形外科を受診しましょう。

 

日本整形外科学会では、「外反母趾診療ガイドライン」を定めており、症状の程度によって、治療の方法が定められています。

●外反母趾は何科で診療すればいい?基本は整形外科

外反母趾は、日本人が靴を履くようになってから、足の代表的な病気と言われており、大人の約3割が悩んでいるとも言われています。

 

症状が軽いうちは、痛みも少なく、生活に支障はありせんが、放っておくと歩く度に痛みがあるようになり、重症化すると靴を履いていなくても痛みがあるようになります。

 

ここまで悪化すると手術が必要になりますので、なるべく軽症のうちに、治療を受けることをおすすめします。

 

もしかして、外反母趾かも。と思ったら、早めに整形外科を受診しましょう。

 

日本整形外科学会が定めた「外反母趾診療ガイドライン」には、足の親指が人差し指方向に曲がっている角度によって、症状の程度を定めており、20度以上で、外反母趾。20~30度は軽度。30~40度は中等度。

 

40度以上は重度。に分けられています。

治療方法は、保存療法と手術療法があり、保存療法には、

・靴指導

・運動療法

・装具療法

・薬物療法があります。

 

痛みが激しく、靴を履いて歩くことがつらい場合は、手術をすることになります。

 

手術は、一般的には1時間以内で終わることが多く、翌日から歩行が可能ですが、従来の靴が履けるようになるまでには2カ月くらいかかります。

 

外反母趾は、なるべく症状が軽いうちに、治療を開始することがおすすめです。

●外反母趾改善の為には整形外科の他に整骨院やフットケア専門院の選択肢も

外反母趾は、まずは整形外科を受診しましょう。

外反母趾の改善のためには、整骨院やフットケア専門院などに通う方法もあります。

 

外反母趾の改善、予防のためには、

・靴を工夫する

・エクササイズ「Hohmann体操」や

足の指をすべてひらく「外反母趾体操」をする。

装具を用いて、足指を開く、痛みを緩和する

 

このような方法が進められていますが、こういった方法に加えて、全身を整えることによって、外反母趾を改善する方法があります。

 

整骨院やフットケア専門院では、自分では行えない足の骨や筋肉の動きを調整してもらえるので、根本的な改善が期待できます

●外反母趾の改善にはどんな病院・専門院を選べばいいのか?

「外反母趾 治療」で調べると、たくさんの整骨院や専門院があり、どこを選んでいいのか迷ってしまいますね。

 

整形外科は、基本的に、「外反母趾診療ガイドライン」に沿って、治療が行われますので、自分の通える範囲の病院を選ぶのがおすすめです。

 

整骨院や専門院を選ぶ基準としては、

・自分では行えない足の骨や筋肉の動きを調整してくれる

・通いやすいところ

(仕事帰りに行ける時間帯、交通の便がいいなど)

・フォロー体制がある

・実績が豊富である

 

以上のような点をチェックしてみましょう。

「つらい痛みを卒業したい」

「手術をするのは避けたい」

「安心して歩きたい」

そんな悩みをずっと持ち続けているなら、早めに整骨院や専門院に相談することをおすすめします。

●まとめ:外反母趾は何科に通えばいいの?外反母趾を改善したい場合の他の選択肢は?

成人の約3割が悩んでいるとも言われている「外反母趾」。

日本人が靴を履くようになってから、代表的な足の病気です。

 

「歩く度に痛みがある」「足の親指が人差し指方法に曲がっている」こんな症状がある場合は、外反母趾かも知れません。

 

意外に知られていませんが、外反母趾は、整形外科を受診しましょう。

 

日本整形外科学会では、「外反母趾診療ガイドライン」を策定しており、一般的には、このガイドラインにそって、治療が進められます。

 

整形外科を受診するほかに、靴を工夫したり、足のエクササイズに取り組んだり、装具を用いて、痛みを緩和したり予防することもできますが、整骨院やフットケア専門院などに相談することもおすすめです。

 

自分では、行えない足の骨や筋肉の動きを調整してもらうことで、根本的な改善が期待できます。

tel:0525264638

https://gaihanboshi-nagoya.com/test/contact/

名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院【名古屋外反母趾フットケア専門院】

ご予約・お問い合わせはコチラ

052-526-4638

052-526-4638
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10時〜20時  当院は完全予約制となります。
定休日
日曜・月曜・祝日

〒450-0002名古屋市中村区名駅3-3-4 児玉ビル2階        名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院