外反母趾の改善には包帯を使うの?外反母趾の改善には様々な方法が!

 

足の指が内側に曲がる外反母趾は、歩いているときや立っているときに痛みが出るのが辛いところですよね。

 

放っておくことで外反母趾は進行し、痛みや腫れなどの症状も出て重症化します。

 

外反母趾を改善するには様々な方法がありますが、その一つに包帯を使うやり方も。

 

そこで今回は外反母趾を改善する方法はどのようなものがあるのか、包帯を使っての改善方法や巻き方をご紹介いたします。

●外反母趾を改善する方法は様々

外反母趾の改善方法は様々です。まずはその一部をご紹介いたします。

 

セルフケアグッズを使用する足の親指にシリコンやサポーターをはめて指の感覚を広げたり正しい位置に行くように矯正しようとするグッズがあります。

 

強制力は強くないので関節や指の位置が元に戻ることはありませんが、痛みを緩和してくれるので歩くのがましになります。

 

足のアーチをつくるストレッチ

足には横アーチ、外側縦アーチ、内側縦アーチがあり、バランス良く立つために必要です。

 

しかし最近では運動不足の方が増えてアーチが崩れる方が多くいます。

アーチが崩れて偏平足や開帳足になると歩くときのバランスが悪くなり、転倒するリスクも増えます。足のアーチを作るには、ストレッチが効果的です。

 

足の指をグーにして10秒たってから思いっきりパーに開くのを、左右の足で10回ずつ行いましょう。

 

他にも床にタオルを敷いて、足の指だけを使い自分の方へ手繰り寄せるストレッチもあります。

●外反母趾を包帯を使って改善

上記でご紹介した方法以外に包帯を使って改善する方法もあります。

運動不足などで弱まった足の筋肉により親指が内側に曲がります。

 

足の甲に包帯を巻いて外反母趾で出っ張った親指のつけ根をぎゅっと引き締めて元の位置に正し包帯を巻いている間は横のアーチを再び形成することができます。

 

包帯を巻いた状態で歩くことでバランス良く歩くことができ外反母趾の痛みも緩和できるというものです。

●外反母趾を靴の指導で改善

足に合わない靴を履いていることも外反母趾の原因の一つです。

 

ヒールの高い靴を履くとつま先に体重がかかりやすく、外反母趾を悪化させます。さらにつま先がせまい靴は親指が内側に曲がってしまいやすく、出っ張った親指側付け根の関節が靴に当たって擦れるので、腫れや痛みがひどくなることも。

 

足に合った靴を履くことで外反母趾が改善しやすくなります。

外反母趾方向けの靴があるのでそれを履くのもいいですね。

 

幅の広い靴も外反母趾に良さそうですが、自分の足の幅と合わないと外反母趾が悪化する事もあるので、足に合った靴を履くことが大切です。

 

自分にあった靴を履くためには、正しい足のサイズを把握したくさんの靴をためし履きをしましょう。

 

ウォーキングシューズランニングシューズは、歩きやすい設計になっている靴が多いので、そこから探すのもおすすめです。

●包帯を使って外反母趾の改善する際はどのような巻き方をするの?

先ほどご紹介した包帯を使って外反母趾を改善する場合、伸縮性のある5cm幅の包帯を使用します。

 

まず足の親指の付け根ら辺と、小指側の付け根ら辺を軽く引き締めるように巻き、それから足の甲全体を6~8回ほど巻きましょう。

 

きつく巻き過ぎるとつま先がうっ血するので、きつくし過ぎないように注意してください。

 

包帯を使った対策は、外反母趾を予防したい方や初期症状の方にはある程度効果がありますが、重度の外反母趾の方にはおすすめできません。

 

また包帯を使用しての外反母趾の改善は矯正が目的ではなく痛みを緩和して歩くことが目的なので、包帯を外すと外反母趾の痛みが進行することもあります

 

参考:https://mainichigahakken.net/health/article/post-1700.php

●外反母趾の改善と一口に言っても様々なので専門家に改善について聞いてみると良い

外反母趾の改善方法はいろいろご紹介したように様々です。

 

数ある中から自分に合った外反母趾の改善方法を知りたい方は、外反母趾の専門家に聞いてみるのが早道です。

 

専門家は足底の骨格の位置や筋力、足の使い方など全体的にみて、これまでの患者様のデータを元に根本的な原因を探し出し一人ひとりに合った施術や改善方法を提案します

 

セルフケアでは筋力の低下や重症化する方が多くいますので、初期症状のうちに専門家に改善に聞いてみてくださいね

●まとめ:外反母趾の改善には包帯を使うの?外反母趾の改善には様々な方法が!

外反母趾の改善方法はセルフケアグッズやストレッチ、包帯を巻くなど様々あります。

 

セルフケアグッズや包帯を巻いた外反母趾の改善は痛みの緩和が目的のため矯正が目的ではないので包帯を巻かなくなると外反母趾が悪化することも

 

様々な外反母趾の改善方法はありますが、合っていない改善方法だと筋力低下で重症化する可能性もあります。

 

外反母趾の改善と一口にいっても様々なので、自分に合った改善方法を知りたい、一時的なその場しのぎではなく根本的に外反母趾を改善したいという方は、早めに専門家に相談してくださいね。

tel:0525264638

https://gaihanboshi-nagoya.com/test/contact/

名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院【名古屋外反母趾フットケア専門院】

ご予約・お問い合わせはコチラ

052-526-4638

052-526-4638
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10時〜20時  当院は完全予約制となります。
定休日
日曜・月曜・祝日

〒450-0002名古屋市中村区名駅3-3-4 児玉ビル2階        名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院