外反母趾で腫れができてしまう原因は?腫れの予防はできない?

 

「靴を履いて歩くたびに足の親指の付け根が痛い」「足の関節が腫れてきた気がする…」など、足のトラブルで悩んでいませんか?

 

これらの症状は、もしかすると外反母趾かもしれません。

 

外反母趾は足の親指の付け根が小指方向に、くの字のように曲がり変形する症状がみられます。

 

無症状の人もいますが、外反母趾で腫れができてしまうなら要注意

 

今回は、外反母趾で腫れができてしまう原因や、腫れの予防はできないかなど、詳しく探っていきます。

●外反母趾で腫れができてしまう原因は?

外反母趾の症状は、軽いものから手術をしないといけないほど重い症状と幅があります。

 

痛みがある場合は普段履いている靴でも歩くことが困難で、辛い痛みを我慢している方も多いようです。

 

では、外反母趾で腫れができてしまう原因何なのでしょうか?

 

足裏には「縦横アーチ」といわれ、内側縦アーチ足の内側から見ると土踏まずがあり、地面に着いていない部分のことを言います。

 

外側縦アーチは、踵が外側に倒れやすく左右のバランスが保てない状態のことを言います。

 

また横アーチは足を前方から見て、横に広がるアーチがあることを言います。

これらのアーチが崩れることによって、

外反母趾の症状の引き金になっていることが分かります。

中でも、腫れが起きてしまうのは

変形が強いケースの場合で重度です。

バニオン」と呼ばれる状態である、

母趾の付け根の内側部分が腫れて痛みが

起こるのが原因となるようです。

●外反母趾の腫れを予防する為には靴選びが重要

外反母趾の腫れがあると歩行に支障が出るのはお分かりいただけたかと思いますが、事前に外反母趾の腫れを予防することは可能なのでしょうか?

 

実は、外反母趾の腫れを予防する為には靴選びが重要です。

 

先端が細いハイヒールなどは、足の横アーチの部分が崩れるきっかけとなり、それによって骨格が緩んでつま先に負荷がかかることで外反母趾になるというのが一番の原因です。

 

その為、歩行中でもしっかりと足の指で踏ん張ることが出来るような靴選びとても重要となってきます。

 

サイズが大きいものを選ぶのではなく、変形してしまった足の形状に靴を合わせて痛みなく、楽に歩けるようにする工夫することが大切です。

 

また、アーチが崩れていることが影響するので、靴のインソールを使用して足のアーチをサポートする方法ありますが、これらは専門の義肢装具士と足を知り尽くした専門医に相談する必要があります

●外反母趾の腫れの改善に運動療法

前述では外反母趾の予防についてお伝えしましたが、外反母趾の腫れがある場合どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

外反母趾の腫れの改善に運動療法をお勧めします。

 

手軽に簡単に出来るものとしては、裸足で歩くということが効果的で、その他にもサンダルや下駄を履くなどもいいでしょう。

 

また、「タオル寄せ運動」といって、タオルなどの布を足の指だけで手前に手繰り寄せる運動も有効とされていますので、試してみることをお勧めします。

 

足裏の筋肉を鍛えるのに有効とされています。

 

また、足の指でグー、パーと開いたり閉じたりする運動や、かかとを上げ下げする運動もいいでしょう。

 

無理して行うことは避け、出来ることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

ただしここで注意しなければならないのは、運動療法をお勧めするのは症状が軽度~中度の方です。

 

ある程度、症状が進んでいる場合は逆に有効ではないので気を付けましょう。

●外反母趾の腫れの改善にはやはりプロに必ず相談する事が大事

おすすめの運動などをご紹介しましたが、毎日コツコツと取り組む方法ですのですぐには改善されません。

 

その為、外反母趾の腫れの改善にはやはりプロに必ず相談する事が大事です。

 

実は外反母趾になっている方は、身体のどこかに歪みや痛みが出ている場合が多いようです。

 

それは、身体を支える土台である足がしっかりしていないためや、長年の歩き方の癖や姿勢によって影響を及ぼしているからだと考えられます。

 

このことから、歩き方や姿勢だけでなく、身体も整えてくれるプロである整体などの治療院に相談することもおすすめです。

 

もちろん、腫れがひどい場合には早めに病院での治療なども視野に入れておきましょう。

 

ご紹介した運動療法をご自宅で実践しつつ、同時にプロにご相談することで外反母趾の腫れや痛みを改善できる可能性が高くなりのではないでしょうか。

●まとめ:外反母趾で腫れができてしまう原因は?腫れの予防はできない?

今回は外反母趾で腫れができてしまう原因についてと、その予防ができないかについて考えお伝えしてきました。

 

外反母趾で足が腫れ、痛みが出ると歩くことも非常に難しくなってきます。

 

なるべく早い段階で予防を行うことで腫れある程度抑えられるといわれています。

 

外反母趾で悩んでいる方は、ご自身でできるケアを行いつつ悪化するような場合は早めに専門院に相談されることをお勧めします。

 

外反母趾の症状を少しでも改善してご自身の足で、颯爽と歩けるようにしたいものですね。

tel:0525264638

https://gaihanboshi-nagoya.com/test/contact/

名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院【名古屋外反母趾フットケア専門院】

ご予約・お問い合わせはコチラ

052-526-4638

052-526-4638
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10時〜20時  当院は完全予約制となります。
定休日
日曜・月曜・祝日

〒450-0002名古屋市中村区名駅3-3-4 児玉ビル2階        名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院