外反母趾が悪化すると手術になってしまうことも!悪化をどう防げばいいのか?

「足の痛みがあるけれど、しばらくしたら痛みがひくから大丈夫」と軽く見ていませんか?

 

それは外反母趾かもしれません。

足の痛みがあり外反母趾を放置しているとある日突然悪化して手術になってしまうこともあります。

 

では外反母趾を悪化させないためにはどのように対策をして防げばいいのでしょうか。

 

まずすぐにできる対策は足に合った靴を選ぶということです。

外反母趾はどのような靴が悪化を招くのか、正しい靴選びをご紹介いたします。

 

 

 

●外反母趾は放置することで悪化してしまうことも

外反母趾は親指の曲がっている角度で重症度が変わります。

親指の曲がっている角度が15度以下の方は正常です。

 

20度~30度で軽症となり、30度~40度で中程度、40度以上になると重症になります。

 

最初は長い時間歩いたときや立っているときに親指の付け根が靴と擦れて痛かった外反母趾も放置することで悪化し、靴を履いていない状態でも痛みを感じるようになります。

 

外反母趾を放置すると神経が圧迫され続けたり痛みを避ける無理な歩き方をすることで体のバランスが崩れて肩こりや腰痛の症状が出るなど体全体に痛みが広がったりもします

 

そして悪化しているのに放置したままでは外反母趾は改善しません。

 

悪化すると手術することになりかねないため、「外反母趾かな?」と思ったら早めの対策が必要です

 

参考:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181225-OYTET50031/

●外反母趾は悪化して足の痛みで気付く方も

外反母趾は早期対策により改善しやすくなります。

 

しかし初期の外反母趾のときは気づかずに悪化して足の痛みで気付く方も多くいらっしゃいます。

 

さらに足の痛みはなくても靴を脱いだときに親指の付け根が赤くなっていたり、足の裏にタコができていたら外反母趾の可能性があり、外反母趾が悪化しないように対策をする必要があります。

 

ではどのように対策をすればよいのでしょうか。

●外反母趾の悪化原因は靴にあった

足の痛みが悪化しても今までと同じような靴を履いていると外反母趾が進行する危険があります。

 

ハイヒールやパンプスなどの先の細い靴やかかとの高い靴はつま先に負担がかかり、足の痛みや親指の変形、外反母趾が悪化します。

 

ヒールのある靴を履きたい方は3cmまでで太めのヒールを選びましょう。

 

つま先部分はシェイプされたものではなく、スクエアトゥなどの先が細くないものがおすすめです。

 

足が痛くなると幅の広いゆったりとした靴を選ぶ方もいらっしゃいますが、大きすぎる靴は靭帯が伸びやすくなります。

 

親指をまっすぐに支えている靭帯が伸びるとさらに外反母趾が悪化しやすくなるので、重症になり足の痛みが増すことも。

 

縦幅、横幅ともに足に合っていてフィットする靴を選びましょう。

 

つま先に1cmほどの余裕がありかかとが固定された靴が理想です。

 

さらに甲が固定されると靴の中で足が動きにくくなるので、靴ひもやストラップなどで調整できる靴もいいですね。

 

またインソールも足が前にずれるのを防いでくれるので、どうしてもハイヒールを履きたいときなどに使用しましょう。

 

まだ外反母趾になっていない方でも正しい靴選びをすることで予防になりますし、軽症の方は悪化しないようにできるので、ご紹介したポイントを参考にぴったりの靴を見つけてください。

●ハイヒールを履く女性はもちろんスポーツをする子供も悪化が起こり得る

先ほど外反母趾が悪化する原因としてハイヒールを紹介しましたが、ハイヒールを履く女性以外にもスポーツをする子供も悪化が起こり得ます。

 

子供は昔に比べて裸足で歩く時間が減ったことにより土踏まずのアーチを保つ部分が弱くなって足裏のバランスが衰えやすくなっています。

 

その状態で足に合っていないスパイクなどの靴を履いてスポーツをすることで足への負担もかかり外反母趾が悪化することも

 

さらに子どもはすぐ成長するので大きめの靴を買う家庭も多くありますが、外反母趾予防のためにも足の成長に合わせてぴったりの靴をこまめに用意しましょう。

 

大人もそうですが、子供も外反母趾の症状が見られた場合は、早めに専門院に相談してください

●まとめ:外反母趾が悪化すると手術になってしまうことも!悪化をどう防げばいいのか?

軽症では長時間歩いたときや立っていたときなどに痛みがあらわれる外反母趾ですが、放置しておくと悪化し手術しなければならない場合も。

 

外反母趾の悪化を放置していると足の痛みだけではなく体のバランスも崩れ腰痛や肩こりなど全身に症状が出るので、外反母趾の兆候が見られたら早めに対策をしてください。

 

外反母趾の原因は靴にあるのでまずは自分の足のサイズにぴったりの靴を探して履きましょう。

 

靴は狭すぎても広すぎても外反母趾は悪化しやすくなるので、きちんとサイズを測ってぴったりの靴を選んでください。

 

外反母趾は大人だけではなくスポーツをする子供も悪化が起こり得るので、成長に合わせてこまめに足のサイズに合った靴を履かせてあげましょう。

 

そして外反母趾かなと思ったら早めに適切な対策をすることで改善しやすくなるので、悪化する前に専門院で施術やアドバイスをしてもらってくださいね。

tel:0525264638

https://gaihanboshi-nagoya.com/test/contact/

名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院【名古屋外反母趾フットケア専門院】

ご予約・お問い合わせはコチラ

052-526-4638

052-526-4638
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10時〜20時  当院は完全予約制となります。
定休日
日曜・月曜・祝日

〒450-0002名古屋市中村区名駅3-3-4 児玉ビル2階        名古屋外反母趾/巻き爪フットケア専門院